歯磨きを嫌がる子どもへの対処法あれこれ

楽しい歯みがきタイム

おすすめリンク

子供に歯みがき習慣を身に付けさせるには根気が必要

歯みがきは大好きと言う人はあまり聞きません。
面倒だが仕方ないとか、夜では眠たいけど自発的に歯を磨くのは大人で、子供には寝る前に歯みがき習慣をつけるのは大変です。
叱ったり、煽てたり、あの手この手で歯みがきをさせますが、実際いやいやで、いい加減に歯ブラシを当ててもあまり意味がありませんね。
歯医者さんで簡単な歯みがき方法を説明してもらう事もよくありますが、大人でも磨き残しが結構あるものです。
この磨き残しが歯に付着して石灰化し歯石となり、虫歯や歯周病の原因となるので、これを毎日落とすためにしっかりした歯磨きが必要になるのです。
こんな理論的な話は子供、特に幼児には理解が難しいですね。
うっかり「虫歯になったら歯医者さんに連れてくよ」などと言ったりしたら将来歯医者に恐怖を感じてしまうかもしれません。

幼少期にしっかり歯磨きの習慣をつけるにはどうしたら良いのでしょうか。
実際子供に歯みがきをさせる時期は乳歯が生えたころにと言っても、手に歯ブラシを持って遊ぶことくらいしかできないでしょうし、幼児期にはどうしても大人の手が必要です。
夜は共働きであったりするお父さん、お母さんも大変ですし、小さなお子さんが多い世帯ではもっと負担が大きくその上子供が嫌がっては歯みがきタイムは親子ともども苦痛な時間になってしまいますね。
そんな問題を解消すべく、楽しく自発的習慣も作ることができるそんな方法があったらすぐ実践したいものですね。